スポンサード リンク

2008年06月16日

トリプルマーカー検査(後編)

(前編のあらすじ)
胎児がダウン症かなどを検査するかどうか
家族であれこれ会議した結果、質問の結果如何で決めようという
問題先送りの結論に至り、重い任務を背負って産院へ向かった私。


かくして翌月の検診
「トリプルマーカー検査は受けますか?」
早速、おもいきって聞いてみた。
「検査を受けて陽性だった場合、赤ちゃんを諦める選択肢はあるのでしょうか?」
「障害があっても一生懸命、たくさんの方が育ててらっしゃいますよ」
「いえ、一般論ではなくて・・・可能か不可能か知りたいんです」
「検査で100%決まるわけではないんですよ」

なかなか核心部分を語ってくれない。
言いにくいなら、そもそも検査を進めないでほしい。
検査結果の対応について何も教えず
検査するかしないか、それだけを何度も聞いてくる。

おかしくないですか?

そういう事はそもそも検査資料に書いておくべきではないのか。
こっちは1ヶ月どれだけ悩んだと思ってるのだ。
胎教に悪いんだから、何度も聞かせるな。
その答えによって検査するかしないかが決まる。
私は家族からその全権を託されてしまっているのだ。

そしてややイラつきを抑えながらの押し問答の末
オブラートに包みながら
ようやく、選択肢がある事が分かった。
「じゃあ、検査します」

すると
「では、陽性だったら堕ろすという事ですね」

・・・・絶句!

・・・な、な、なんてこと言うの!?
・・・ふ、ふ、ふざけるな!!

とブチきれそうになったが、ここは

「そんな事は結果を知ってから決めますよ!」
と返事した。
まったくもって許せない一言であった。

恐らく看護婦さんは「堕ろすなんて酷い親ね」
という勘違いから来る怒りがあったのかもしれない。

しかし、こっちは慎重になりすぎて
「検査します」「検査しません」
さえ決められないだけなのだ。
さらに夫の両親も巻き込んでの会議で
自分の意思だけでは決められない切羽詰った状態。

今思えば検査ができることを隠して
一人で「検査しない」と判断してしまえばよかったのだが
それで出産した時障害があったら
検査しなかった事を責められるんじゃないか
そういう不安にさいなまれ
大事になってしまったのだ。

妊娠中は恐ろしくデリケート。
決断などできようはずもなかった。
今ならはっきり言えるが
陽性でも産んだだろう。


さて後日、検査は無事陰性でした。

確率から言ってほぼ当然の結果なのだが
(年齢が高いほど確率が上がる。
20歳→1177分の1
30歳→704分の1
40歳→87分の1)
するかしないか悩んだ1ヶ月
検査したあとは
結果が出るまでハラハラ待ち続けた2週間
加えて看護婦さんの衝撃の一言

今の私の気持ちとしては
「しなくていい苦労」
だったのではないかと・・・。

弱気の選択肢かもしれませんが
この検査、よほど確率が高い世代でなれば
おススメしない。

妊婦の精神衛生上、そして胎教に絶対悪い気がします。



ランキングに参加してみました。
これをポチッポチッと押してくれると彩様が喜びます☆
にほんブログ村 子育てブログへ

↑クリックお待ちしておりま〜す↑
banner_ra.gif
↑こっちもおねがいしまーす!↑
posted by 育児中の彩 at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産前の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。