スポンサード リンク

2008年07月30日

蜂の巣とバトル・後日談

kame.gif

蜂の巣と命懸けのバトルをした晩(記事はこちら

帰宅した夫に

「いやぁ今日はほんと大変だったよー!」

と武勇伝を語りはじめたわたし。

(あなたがやってくれないから!)
と愚痴をにじませつつ、熱い苦労話をしようと夫の顔を見ると・・・

「ああ〜、やっちゃったんだぁ・・・」
と言わんばかりの残念そうな顔。

ん?どういう事だろう?と話を聞くと

「子育てしてる蜂を見てると、自分達と重なって、がんばれという気持ち
になっていて

あの子(親蜂のこと)はコンクリートで巣作りしてたから、すごいなと思って」
いたらしい。


そっかぁ、硬いと思ったらやっぱコンクリだったんだ。

そんなあの子を命賭けで退治しようとして、悪いことしちゃった。




・・・なんて思うかーッ!!!


私は怒りで殺意さえ抱いた


「・・・だって危ないでしょ?
 スズメバチだったら死ぬかもしれないよ! うちには赤ちゃんがいるんだし。」


「いや、あれはスズメバチじゃないよ。とても珍しい安全な蜂なんだ。」



うそつけ!!

夫はよく「本人悪気がまるでないらしいが、被害甚大の」嘘をつくのだ。

信用できるはずがない

「・・・安全な方の蜂だとしても。蜂なんだから刺すでしょ?

「いや、敵に対して絶対刺さない蜂なんだ。」

ほんと?
ねぇみなさん、そういう蜂っているの?

赤ちゃんが隣で遊んでても安全な蜂が?

赤ちゃんが巣に指突っ込んでも刺さない蜂が?




いるわけない。


私はとにかくヤル気を失った。
蜂の巣との戦いは永久に延期だ。

そして夫への愛情も失い、会話は唐突にシャットアウトだ。

明日・・・実家に帰ろうかな。
蜂が危ないしさ・・・。


そんな私の怒りを察した夫は
コンビニで甘いものを山ほど買ってきて謝りました

週末に蜂の巣を自分で撤去すると約束もしました


・・・ま、許してやろうか。
今回はギリギリだったぞ。


スイーツを食べて溜飲を下げた私に

夫が「よかったー彩さんの機嫌が治って!」

とウキウキしながら
手の中の小さな何かを見せてきた。



・・・亀だった。



「ペットショップの福引で当たっちゃったんだ!」



・・・・。


・・・・。


ほっほぉ〜ぅ・・・






↓完全に絶句した私。トホホな話はまだつづく。↓
にほんブログ村 子育てブログへ

ブログ王へ
↑読んでいただけたら、応援クリックお願いします!↑
posted by 育児中の彩 at 23:42| Comment(3) | TrackBack(0) | 夫や家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
へぇぇぇ〜。
敵に対しても絶対に刺さない、安全なハチ。
ほほぉぉう。
そのような蜂がこの世にいたとはね・・

して、その亀は本当に「福引で当たった」のかい??


Posted by まりねぇ at 2008年07月31日 16:54
当たったのは本当だと思うのよ。
前から応募の話は聞いてたし。

彩の名前では「オウム」を応募したらしい。
どっちにしろ飼えないって話をしたはずなんだがね・・・。
Posted by 彩 at 2008年07月31日 18:41
本当に当たったんなスゴイじゃん!
亀なら1匹も2匹も一緒だよ!
巨大にならない限りはね。
Posted by まりねぇ at 2008年07月31日 21:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103872263

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。