スポンサード リンク

2009年10月12日

大都会HADANO

昨日、実家から戻って参りました。

私の実家のある秦野市は

hadano1.jpg

便利な場所にありながら自然も残っており

住むのに最適な都市である。



と結婚して横浜に住むまで思っていたが・・・

hadano2.jpg

ウーム、秦野市民として
いささか欲目があったようだ。


さらに今回は
見まいとしても目に入ってしまった看板がこれだ。

hadano3.jpg
(まぁ、いるのは薄々知ってたが。)


「秦野はド田舎だ」等の感想を聞くたびに
いったい秦野のどこを見たんだ!と訝っていたが

全体的に田舎である。



そもそも犬の散歩を
ムームーで行っていた己自身が
田舎を謳歌していたではないか。


hadano4.jpg
ちなみにムームーが手に入る前は
ネグリジェでも行ってた。

ワンピースのふりして。(でも絶対ネグリジェ



しかし子供が外で走り回っても
滅多に車が来ない、この環境。
特に子育て中には羨ましいと思いました。
やっぱ田舎はイイネ〜!

3連休で落ちゆくランキング・・・私に力を〜!
ブログ村へ ←ぽち!ぽち!→ 子育てブログランキングへ
posted by 育児中の彩 at 21:22| Comment(5) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
秦野市には残念ながら行った事はないんですが
ムームーで犬の散歩オッケーで、熊さんにも出会える
そんな花咲く森の町♪秦野市、住んでみたくなりました〜!


だけど都会ではないですね〜(行ったコトないのに断言)
Posted by ayumi at 2009年10月13日 11:11
秦野市については全く存じませんでしたm(_ _)m
新宿へ一本というのはかなりのセールスポイントだと思いますよ。たとえ都会ではなくても、乗り換えなしで大都会へ行くことができるというメリットは大きいと思います。

前コメですが、子育ての厳しさがよく分かりました。本当に大変なんですね。
Posted by 黒田裕樹 at 2009年10月13日 20:11
田舎比べなら負けませんよ。うちの小学校では、「熊よけの鈴」なるものが配られ、みんなつけています。
でもね、この時期にはマツタケが取れるし、田舎暮らしもいいですよ。
Posted by 僕は父親 at 2009年10月13日 21:10
過疎の村育ちのきみこがやってまいりましたよ。
東京や横浜が日帰り圏内というだけで、そこは「田舎」であっても「ド田舎」ではありません。
私が育った村はまさに陸の孤島です。
列車は(電車ではない)は2〜3時間に1本、バスは1日に3本です。最寄りのマクドナルドまで車で3時間です。

そんな正真正銘のド田舎ですが、ムームーやネグリジェで出歩いたことはないですね。
田舎といえど、ムームーはないです。ネグリジェなど言わずもがなです。
ですから、田舎だからムームー(ネグリジェ)で出歩けたのではなく、彩さんだから出歩けたのでしょう。

間違いない。
Posted by きみこ at 2009年10月13日 21:21
AYUMIさん☆

きみこさんのコメント読んだ後に
もう一回AYUMIさんコメント読んだら
「ごめん・・・」
って気持ちになったよ!
そうだ・・・ムームーは私だけ・・・。
でも都会ではない。その通りだ!


黒田さん☆

本当に大変なんですねのコメントに・・・(涙)
でも、その「寝かしつけ苦労話」は
お母さん方は「そうそう!!」で
お父さん方は「へーそうなの?」
って感じだと思います。
独身男性で苦労を分かってくれるのは
きっと黒田さんただ一人!


僕は父親さん☆

おおー!熊よけの鈴!!
それは間違いなく田舎!

だ、だがいつの間にか田舎比べに・・・。
大都会秦野のはずが
田舎勝負に挑んでしまったようです・・・。


きみこさん☆

参りました。参りました。
そこは田舎です。
そういう田舎が、きみこさんのような
唯一無二なキャラクターを生み出すのね。
今度一緒に故郷に連れてってほしい。
(プロポーズではありません)

そしてムームーの御指摘に
ウグッ!と詰まりました。

・・・はい・・・私しかいませんでした。
アロハシャツさえ見かけたことないよ・・・。


Posted by 彩 at 2009年10月13日 21:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。