スポンサード リンク

2008年07月28日

育児中でも挑戦:赤ちゃん連れて西湖へキャンプ

saiko.gif
週末、赤ちゃんを連れて
西湖へ日帰りキャンプに行ってきました。

友人家族(赤ちゃんと3歳児連れ)と合同で
早朝5時半に出発し、8時過ぎには西湖に到着。

今回、去年買ったはいいが
一度も開けた事のなかったテント(6人用)を
ついに設置する事ができました。
意外に大きくて、友人の子供は大興奮。
これならもう一人産んでも
家族でゆったり泊まれそう。

さすがに赤ちゃんズは
まだテントに反応はないのだけど
授乳時や日差し対策に重宝しました。

1年以上眠らせ続けちゃったけど
これからは大活躍してもらおう!

友人家族はタープ(屋根)と
テーブルとイスのセットを持っていたし
わがチームは日差し対策バッチリ。

さらに料理は
夫お手製のピザにローストチキン(またもや)
友人は焼き鳥・焼肉と豪華豪華。
っていうか肉ばっかりの肉祭り・・・


しかし手馴れたもので
10時には食べ始める事ができたし
赤ちゃんの離乳食も
パンやじゃがいもで済ませることができて
とーっても順調でした。

あとはビールがあれば!!

・・・しかし
ドライバー2名+授乳中ママ2名+子どもと赤ちゃんの構成。
アルコールは不必要と思わなければ・・・。
うっうっ。


西湖は涼しく、水はとってもきれいで
泳いでる子供や犬がたくさん。

私達も足だけつけて遊んだけど
水着があれば泳ぎたかった!
ま、大人の女の人は誰も泳いでなかったから
目立つかもしれないが・・・かなり

夫もゴムボートがほしいと言い出してるから
次回は泳ぐつもりね。

でも赤ちゃんどうなんでしょ。
もう泳げるのかしら??


それに泳いだりしたら
どこか温泉でも行って体を洗いたい。
そしたら泊まりって感じになるかしら。
そ、そしたらビールが飲める!

夫もランプがほしいと言い出してるから
次回は泊まるつもりね。

でも赤ちゃんどうなんでしょ。
もうテントで眠れるのかしら??


しかし疲れました。
今回うちの赤ちゃん、早朝たたき起こされた割には
昼寝せず、抱っこする時間が長くて腰にきた。

野外にテント(しかも子供が出入りし続ける騒がしいテント)では
昼寝は難しかったみたい。

友人の赤ちゃんはちょくちょく寝てたから
まぁ、性格によるんでしょう。

さらにうちの赤ちゃんは便秘に!
普段は1日5回ほどウ○チする快便ベビーなのに
人生初のゼロ回を記録してしまった。

その分は本日に繰り越され

あんたどれだけするのっってくらい出てます。

出まくりです。
ひぃー

健康優良児で安心だけど
やはり多少ストレスになってたのかも。


というわけで今日は母子ともにぐったりで
一日中ゴロゴロしておりまーす。

ああクーラー効いた部屋でゴロゴロ、最高ー!
(毎週のように出掛けておいて・・・)

やっぱり泊まりはまだまだ先にしましょ!




↓ぼくにはやっぱり、おうちさいこー!↓
にほんブログ村 子育てブログへ

ブログ王へ
↑ポチっとくれたら、さらにさいこー!!↑
posted by 育児中の彩 at 11:20| Comment(4) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

育児中でも挑戦:赤ちゃん連れの草津バーベキュー旅行(後編)

ike.gif
バーベキュー前の軽い散策のつもりが
登山する羽目になった私達。
日が暮れる前に下山せねばなりません。

「山道の下りは、登りより辛い。」

草津でそれを
身をもって知る事になるとは・・・

天然記念物のコケの生息地に戻るまで
足はもつれ、木の根に何度もひっかけ
ヒールアップスニーカーを履いて来た事を心底悔やみ
(でも山登りする予定なかったし・・・)
何度も滑りながら歩き続け
ようやくようやくバンガローに到着。

往復3時間程度の散歩でしたが
こりゃもう、今回は心底疲れ果てました。

もう、2度と行くまい・・・。


と思ったが!地図を見ると
大池の先にもっと大きな、しかもなんだか
素敵な伝説まである平兵衛池という池が
控えていた事が分かってしまいました。
(昔昔、この池で髪を洗った若い娘が
 池の竜に連れ去られてしまったというような伝説。
 その哀れな娘のお父さんの名前が平兵衛さん。)

さすがに冗談でも行こうという話は出なかったが
いつか見てみたい気もします。

うちの赤ちゃんが自立したら。
更に、ちゃんと登山装備して。

ちなみに赤ちゃんは
夫に抱っこされたままスヤスヤでしたが
夫はその後1週間、腰痛に悩まされました。
みなさんも、赤ちゃんを抱えての歩きすぎにご注意!
(普通はしない)


さて、バンガローに着いても
のんびりしてる暇はないのです。
日が暮れる前にバーベキューせねば。

夫は気合を入れて
ダッチオーブンに鶏一羽などなど持参してしまったので
疲れた体に鞭打って、火を焚き、肉を焼きまくり
兄夫婦はテキパキと焼きそばやスープやら作ってくれました。

私も・・・
そりゃもう頑張って授乳!
お菓子を食べつつ、赤ちゃんのお世話!

と、やっぱり子守りしかしなかった・・・

しかし赤ちゃんほっておけないし。
なんせ燃え盛る火があるから一時も目が離せない。
仕方あるまい。

これからバーベキューする皆さんへ。
「女性陣とはいえ、赤ちゃん連れたお母さんは
 ろくに手伝えないので、戦力にしないようご注意。」


その割に驚くほど食べる。
授乳中ってお腹空くから。
今日運動したし、仕方あるまい。

バーベキューする皆さんへ(まとめ)。
「赤ちゃん連れたお母さんは
 手伝わない割に人一倍食べるので、ご注意。」



そんなわけで
食べて歩いた草津旅行でした。
ちなみに宿の温泉(露天風呂)は、
ポンプが故障してて入れませんでした。
草津に来て温泉に入らぬとは、なんたること。。


今度は露天風呂に入りに、また行こう!
そして平兵衛池へ!(うそぉ!)




↓読んでいただけた記念に・・・ぽちぽちっと!↓
にほんブログ村 子育てブログへ

banner_ra.gif
posted by 育児中の彩 at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

育児中でも挑戦:赤ちゃん連れの草津バーベキュー旅行(前編)

koke.gif
週末、草津に行ってきました!
兄夫婦(新婚)と車2台連れ立っての一泊旅行。

今までの経験を生かし
ETC早朝割引で横浜から草津まで高速代1650円。
草津って身構えてたけど、近い近い!

と言うは易いが
4時半起きの5時出発。
うちの赤ちゃん、早起きはいいかげん慣れたものだが
やはりバタバタと15分遅れてしまい・・・

いやぁもうギリギリでした。

関越に乗ったのは
車の電波時計で6時まで残り10秒でセーフ!
後ろに続く兄の車に至っては、あと4秒でセーフ!

今まで1秒単位の正確さに
何の意味があるのかと思ってたが・・・

電波時計がこれほど役に立った事は
世界でも例を見ないであろう。


しかしあぶなかった。あぶなすぎる。
心臓に悪いので、もうこんなギリギリは嫌。
なんで「赤ちゃん連れのんびり温泉旅行」で
冷汗かいて神に祈らなきゃならないのだ。

ってあと15分早く起きよう・・・。



さて
渋滞にも遭わず順調にお昼には草津に到着。
今回はバンガローに泊まってバーベキューを楽しむのです。

早めにチェックインさせてもらえたので
バーベキュー準備の前に、周囲を散策する事にしました。

このあたりはカモシカも生息し
清流に天然記念物の苔なぞも生えている
知る人ぞ知る秘境なのです。

この日は同じ群馬県では35度以上になった猛暑日ですが
草津は24度と涼しく、散歩には最適。

砂利道でベビーカーは使えないので夫が赤ちゃんを抱っこし
写真撮りつつ、ぶらぶらと30分程で苔ポイントに到着。

もののけ姫を思わせる美しい風景でした。

まだ夕飯時には早いし、もう少しだけ散策しようと
立て札に従って「大池」という池へ向かいます。

いきなり崖を登るような急勾配のケモノ道ですが
白樺の木立に涼しい気候
爽やかな初夏の散歩、という感じです。


・・・はじめの15分は。



ひたすら山道を登り続け、
何本も「熊に注意」の看板を通り越し
「大池はこちら」の立て札は進むにつれ朽ち果て
いいかげん着いても罰は当たらないだろうと言う頃
前方からハイキングスタイルの夫婦が。

ああよかった!人だ!

「あとどれくらいで池ですかー?」

「分かりません・・・。
 私達、あきらめて引き返したんです


なにぃ!!?

ど、どうする・・・?
ここまで頑張ったけど、戻る・・・?

って悩む間もなく
兄夫婦は前方の山道に消えていく。

あ・・・行くのね。
さすが夫の兄だ。

兄は先の尖った革靴という装備だし
スニーカー履いてる身で
弱音を吐くわけにはいかない。

しかし

私達は、バーベキューしに来たんじゃないのか。

この山道、赤ちゃんを抱っこして歩いた人間はいるのか。

こんな山の上に、果たして池など存在するのか。

私は歩くのは好きだが、山登りは好きでもないんだな。(今知った)

夫は背後で
「日光よりはマシ」
と繰り返し唱えて歩いているが
その言動自体が、彼の限界を表している気がしてならない。
(後に夫、「そう思わなければ一歩も進めなかった」と語る)
(日光の話はコチラ

更に続く山道、いやケモノ道。
藪を越え、沢を越え、崖を登り・・・
なんでいつも私達は歩いているんだ、これは何かの呪いか?

いつしか、強がる会話も、あらゆる会話も途絶え・・・
何時間歩いたろうか。
我々はついに、大池に到着した。

大池は、確かに存在していた。
想像よりも大きな、神秘的といってもいい池でした。


「さぁ・・・戻ろう。
 バーベキュー準備が待っている・・・。」


携帯の圏外でなければピザでも取りたい。

そんな気持ちをひた隠し
我々は山を下ってバンガローまで戻るのでした。

(つづく)



↓お願いっおっ押していってぇー!↓
にほんブログ村 子育てブログへ

banner_ra.gif
↑こっちもおねがいしまーす!↑
posted by 育児中の彩 at 19:08| Comment(4) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

育児中でも挑戦:赤ちゃん連れの甲府ドライブ(後編)

koufu2.gif
限りなく計画的だったはずの甲府へのドライブ。
駐車場が見つからないというアクシデントで
炎天下の中、またしても延々歩き続ける事になった私達であった。


どこまでも続くぶどう畑。目が眩むほどの太陽。

「ここはイタリアだ!」

夫からの素敵な励ましの言葉(私はイタリア好き)も
空しく響いてしまうほど
暑さに弱い私は序盤から早くもバテ気味だ。

「へぇ、どうぶつ狩りだって」
のつぶやきに目をやれば
前方には「ぶどう狩り」の看板しかない。
夫も相当バテていたはずだ。

しかしなんだかんだ歩いてるうちに
目的地「旧大日影トンネル」に到着しました。

前後編にまで分けてひっぱっておいてアレですが・・・

実は、意外と近かったらしい。
駐車した場所からトンネルまで片道2キロ程度。
やたら遠く感じたのは、暑さのせいであろう。


さてさて、
着いてしまえばこっちのもの!

<旧大日影トンネルとは>

〜明治36年開通、平成9年老朽化のため廃止された鉄道トンネル。
 平成19年遊歩道として生まれ変わった。
 建設当時のレンガ造りのまま、レールや鉄道標識も残している。〜



ただの使われなくなった鉄道トンネルと思うなかれ!

トンネルは、入る前から冷気が漂い
スリル満点の真っ暗な長い道のりの先は
出口さえ見えない。

霧が立ち込める洞内は、驚く程気温が低く
誰ひとりいない。

打ち捨てられた線路には湧き水が流れ
更に涼感を誘う。

ワイン貯蔵庫の様なレンガ造りの壁は
声も足音も響かす事はなく
私達がここにいる痕跡さえ奪っていくようだ。


そんな疲れも吹っ飛ぶ素敵なトンネルなのに
入場無料!!

トンネル好きには是非おススメです。
(って私トンネル好きなわけじゃないが)

このブログが超大人気にでもならない限り
いつでも空いてそうだ。
なぜだ。不便だからか?

あ、駐車場が近くにないから?


ご安心ください。


トンネルの向こう側にありましたから。(ガーン!!)


駐車場が目の前に存在していた事実に打ちのめされた私達は
落ち込む間もなく、引き返しました。

なぜなら、出口側には自動販売機もないのだ

トンネルは往復3キロくらいあるので
「あっち側に着けば、何か休憩所があるに違いない」
なんて安易な気持ちで歩き出してはいけない。

いくら中が涼しくても、辛いもんは辛い。

帰り道はとにかく喉が渇いていたので
スリルもロマンチックな気分もどこかに追いやられ
赤ちゃんを抱っこしながらも小走りになるほど
急いで引き返したのだった。


私は入り口・出口と勝手に呼んでいるが
むしろ駐車場があった側が入り口でしょう。
反対側には売店もあるので、逆ルートがおススメです。


というわけで、戻って無事水分補給も果たした私達は
また炎天下のぶどう畑を歩いて戻り

お土産にワインなど購入した後
渋滞を避けるため、2時頃に早々帰路についたのでした。


・・・と旅はやや順調に終わるかと思いきや
これからが大変だったのだー!

まず
行きの節約一般道ルートは
恐らく帰りは混むだろうと考え
「多少高速代がかかっても、楽に帰ろう。」
と決めました。疲れてるし。

夫は使い慣れた道(料金も距離も食うルート)を提案しましたが
私は、新しい道にチャレンジしようと
車のナビが第一におススメする、新ルートを支持。
そして強行採用。

そして・・・

身をもって

「使い慣れた道が一番」

という事が分かりました。ええ。

2時に出発したのに、帰宅したのは8時すぎ。
行きの4倍もお金かかったのに、時間も2倍。
ナビのバカバカ。
(支持した私は悪くない)

帰宅した時は
私はあまりの空腹に目を回し
夫も慣れない都会の道をグルグル走らされグッタリ。
赤ちゃんには「あせも」まで作らせてしまいました。
ごめんよぉ。


次回ドライブは

帰り道の事も考えておく。
駐車場の事も調べておく。
地図と情報誌も持っていく。

その辺も強化しようと
更なるリベンジに燃える私達です。


そして赤ちゃんもどんどんたくましく育つ事でしょう!
来週は草津だ!!



ええーっ!たまにはのんびり休日を過ごしたいボクに・・・
にほんブログ村 子育てブログへ

↑ありがとうございます!本日135位/11415サイト↑

banner_ra.gif
↑こっちもおねがいしまーす!↑

posted by 育児中の彩 at 08:32| Comment(3) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

育児中でも挑戦:赤ちゃん連れの甲府ドライブ(前編) 

koufu01.gif
甲府市勝沼町へドライブに行ってきました。

今までの失敗経験(日光河口湖)を生かし

高速料金や飲食代は計画的に抑え

冊子に載っていた
「旧大日影トンネルを通る散歩コース(6キロ)」
を歩こうと決め
今回は適度なお散歩ルートまで完璧!

トンネルなら雨が降っても歩けるので
梅雨時にちょうどいいと選んだ散歩コースです。

今回は東名を使わないため、
「朝6時までに高速に乗って半額割引」
という節約はできないのですが

早く行って早く帰ることで
帰りの渋滞を避ける事にもなるので
早起きに越したことはありません。

と、いうわけで
私達はバッチリ5時台に起床!

私はおにぎりをこしらえ、
夫は洗車までこなす!

そして自宅マンション前で
愛車と一緒に家族写真撮影

・・・そんな事やってるうちに
出発は7時に(のんびりしすぎだ)。

いつもは寝ぼけたまま連れて行かれる赤ちゃんも
さすがに今回は完全に起きてしまいました。
かわいそうに・・・。


しかし下道を利用した節約ルートで
高速代は驚く程安く済み

途中、談合坂SAで
おにぎりを利用した朝食をとり
朝食代も・・・料金はさておきお腹一杯食べ

赤ちゃんの離乳食もここで済ます事ができて

10時頃には勝沼に到着。
予定は9時着だったんだが、まぁ許そう。

ここまで、かなり順調にいきました!


しかし駐車場が見つからず
地図を持たない私達はウロウロ周辺を走り

このままでは埒があかないと
とりあえず小高い丘にあった
ワイン蔵のある施設に駐車。

そこで私たちは、立て看板などを見て
「大日影トンネル近辺にはたぶん駐車場はないのだ」
と判断しました。

つまり、ここから歩いていくしかない
(あやしくなってきた・・・)

お散歩コースを悠長に歩く余裕はなくなったので
「とにかくトンネルまで行って帰る」
というコースにルート変更。

ベビーカーではトンネル内で不便だろうと
赤ちゃんは夫が抱っこし
遠距離に備えてなるべく軽装備での出発。
私の荷物は、携帯・オムツ・帽子。
夫はカメラと財布と赤ちゃん。
(な、なんか日光と同じ・・・)

歩き出したはいいが
土曜は異常気象で猛暑となり

熱中症で死者が出たほどの真夏日

私は日傘を持ってこなかった事を後悔したが
夫は帽子さえない。大丈夫か?(髪は?)

そして暑さに朦朧としながら歩き続ける私に
夫が言った弱気な一言。

「また日光みたいになったら嫌だな・・・」

・・・私も嫌だ。

日光で極寒の雨の中、延々15キロも山道を散歩した
そのわずか2ヵ月後に
今度はこの灼熱地獄との戦いになろうとは・・・
なんと物好きな夫婦か

赤ちゃんに至っては
生まれてこのかた経験したことのない暑さ。
ほんと、大丈夫だろうか。

しかし私達は
見渡す限りのぶどう畑の中を
炎天下の中、歩き続けるしかなかった。
(つづく)


ボクの命は、風前の灯です・・・
にほんブログ村 子育てブログへ

↑本日134位/11412サイト↑
応援よろしくおねがいしまーす!!

banner_ra.gif
↑こっちもおねがいしまーす!↑

posted by 育児中の彩 at 12:06| Comment(6) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

育児中でも挑戦:河口湖へ計画的ドライブ

kawaguchi1.gif
先週末、フラリと河口湖へ
家族でドライブに行ってきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
東名高速を使うので
早朝半額割引を今度こそ利用する。(失敗例→日光旅行)

朝食用のお弁当(おにぎり程度)を作り、節約。

湖畔を適度な時間お散歩。(失敗例→日光旅行)

お昼は多少豪華に土地の物などを食べる。

帰りは温泉とかに入って早起きの疲れを癒し

夕方5時の30%割引を利用して帰る。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
              (失敗例の日光旅行記事はコチラ

これが河口湖ドライブの
経済的・理想的計画である。
これをよく覚えておいていただこう。


さてまず最初は
5時起きの5時半出発。

・・・のはずが5時40分発。

間に合わす為に有料道路(200円)を使うが
6時にわずか10分間に合わず
さっそく半額割引適用失敗!! 

更に最初に立ち寄った海老名SAで
早くもお腹が空いてしまう。

10分が間に合わないのに
お弁当が作れるはずもなく
ここで朝食をとることに。

めぼしい店はオープンしていないので
安さに惹かれ
名物とは程遠い、吉野家の牛丼を食べる。

8時半に河口湖へ到着すると
期せずして「ハーブフェスティバル」なるものを催していて
一面ラベンダーが咲いていました。

美味しそうな出店もたくさん出ているが
残念ながら朝の牛丼が重く胃袋に残っていたため
小腹空かしに、湖畔をお散歩。

ラベンダーの香りに包まれた優雅なお散歩!

しかし2時間歩いても一向にお腹が空かず
結局ラベンダーソフトクリームだけ購入。
(芳香剤の味?なんでソフトクリームにしたのだ?)

私は前夜1時間しか眠れなかったので
既にグッタリな上に雨に降られ
お昼過ぎ、早くも帰路に着くことに。
温泉断念!

そして最初に立ち寄った足柄SAで
またお腹が空いて
安さに惹かれ、マックで昼食。
土地の名物を食す計画、ついに叶わず!

3時には帰宅、ドライブ終了。



いやぁ・・・
赤ちゃんがいると、
何かと計画通りには行かないものです・・・。


寝坊した(パパの)せいで高速間に合わないし
寝坊した(ママの)せいでお弁当ないし
無計画な(二人の)食欲のせいで名物食べられないし

・・・赤ちゃん、実は何も邪魔してないー!


来週はリベンジの為に
甲府にドライブに行く予定です。

また早朝に起こされ
連れまわされるうちの赤ちゃん・・・


とんだとばっちり


甲府ドライブの話は、後日公開!
にほんブログ村 子育てブログへ

↑ありがとうございます!本日137位/11345サイト↑

にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ
そして本日「母乳育児」のカテゴリーで
2位/111サイトになってましたぁぁ!
うわぁー皆様ありがとう!写真撮っておきました!
うれしいいいい!!
banner_ra.gif
↑こっちもおねがいしまーす!↑
posted by 育児中の彩 at 20:50| Comment(7) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

育児中でも挑戦:赤ちゃん連れのパーティー

party.gif
赤ちゃん連れてパーティーに行ってまいりました。

パーティーとは言っても
友人のマンション購入&入籍おめでとう☆
という内輪のパーティーで、
会場も、マンションのゲストルームで行う
とてもアットホームなものです。

とはいえ育児中の私には
本当に久しぶりのパーティー。

ドレスを着るのも
髪をセットするのも
メイクに気合を入れるのも
すべて楽しみで仕方ない。

いやむしろ
オシャレしたいから参加した。
と言っても過言ではない。
実に友達甲斐のない私です。

赤ちゃんは両親に預けるべきか少し悩みましたが
連れて行けるか打診したところ快くOKしてくれ
夫と赤ちゃんと一緒に
家族3人での参加となりました。

さぁて何着て行きましょ。
服も靴もないわ。買わなきゃ。
美容院予約しなきゃ。

しかしパーティーのドレスコードは
日が迫るほどに軽装になっていき
ついに
「TシャツとGパンでいい」
ところまで来てしまった。
おおおい、ちょっとまて、この気合どうしてくれる!
とさりげなく意見して
「女子はワンピースくらい」
にしてもらう。

さて
パーティー開始はPM6時。
その前に、私は赤ちゃんを夫にまかせ
髪をセットしに美容院へ。
といえば聞こえはいいが
白髪染めしに美容院へ。
(最終的にセットもしてくれるからいいのだ)

そして全身バッチリ決めた状態で
夫と赤ちゃんと合流し
いざパーティーへ参上。

うちの赤ちゃんは
慣れてない他人の家などに出掛けると
緊張するのか大人しくなる性格らしく
今回もやっぱり
終始おりこうさんで静かにして居てくれました。

そのおかげもあって
赤ちゃんは親の期待以上に
可愛い可愛いと皆さんに褒めてもらえたし
私もワインなぞいただいちゃったりして
パーティーはとても楽しかったです。

しかし、気付きました。

皆様の視線は赤ちゃんに集中して
赤ちゃんを抱いている私は付属物になってしまうらしい。

「その服カワイイね」
「髪切った?」
「素敵な奥さんだな(夫に)」

などの褒め言葉(願望だけど)は
「赤ちゃん可愛い」
にすべて置換される。

ああ、先週そごうで新調した
服も靴も美容院帰りの髪型も関係ない。
彼らの視線は
西松屋680円の服を着た赤ちゃんが独占。

せ、せめてGAPの服を着せるべきだった!
自分だけ綺麗にして、赤ちゃん構わな過ぎた!

次回があれば
もっと赤ちゃんの準備に気合を入れよう。

赤ちゃん連れのパーティー。
それは、主役が自分から赤ちゃんに移行する事なのかもしれない。

(ていうかそもそも主役は私じゃないんだが・・・)


☆子育てブログランキングに参加してます☆
にほんブログ村 子育てブログへ

↑応援クリックお待ちしてます!ただいま1004位/11190サイト↑
(ちょっと上がってるぅ!)
banner_ra.gif
↑こっちもおねがいしまーす!↑
posted by 育児中の彩 at 10:03| Comment(4) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

育児中でも挑戦:赤ちゃん連れサイクリング(後編)

cycle2.gif
育児中に夫婦でサイクリングは許されない。
赤ちゃんをどうにかして連れて行かねばならない。

新婚ラブラブサイクリングをやる予定だった私達にとって
育児がある程度落ち着いて
赤ちゃんが自分で自転車に乗れるようになり、
3台連なってサイクリングできる日は
気が遠くなる程先の話です。

いやその頃は
順調にいけば二人目の赤ちゃんもいるんだから
4台連なってサイクリングできる日は・・・
更に遠い、遠すぎる。

となれば選択肢は
赤ちゃんを抱くか背負うか
赤ちゃんイスを取り付けるか。

見た目にこだわる夫としては
赤ちゃんイスを取り付けた自転車は
育児中とはいえ絶対に許されないらしい。

なにせ私の妊娠中
夫の自転車は見るたびスタイリッシュに改良され続け
もてあました「自転車カッコ良くしたい魂」は
使われる事のない私の自転車にまで及び
止めなければカゴや泥除けまでも
取り外される運命だったほど。

折りしも
自転車に関する法律が厳しくなり
前後に赤ちゃんイスを取り付けた自転車がダメになったり
育児中のママから猛反論されて保留になったりと
世間でも騒いでいるし
私もなんとなく買い時ではない気がします。

ちょいと調べてみると
赤ちゃんを抱っこやおんぶして自転車に乗るのは
なんら問題ではなく、意外に一般的な様子。
車のチャイルドシートと違って自転車の赤ちゃんイスは、
育児中でも取り付けなくても良いものらしい。

そんなわけで
「赤ちゃんをおんぶしてサイクリング」
ちょっと怖いけど、チャレンジしてみました。

赤ちゃんを背負った夫の後ろを
私が赤ちゃんの様子を見ながら走るという隊列で
まずは近場のデパートへ。

赤ちゃんは表現するなら
「ヒョー!」という顔で
楽しんでいるのか驚いているのか
とにかく興味深げにしていましたが
次第に「通常おんぶ」の顔(表現するなら「・・・」)になり
夫の背中に人形のようにピローンとへばりついたまま
終始泣くこともなく、
片道20分で無事到着。

調子に乗って帰りは更にスピードが増し
赤ちゃんの髪は
夫の体が引き起こす乱気流で猛り狂い
後ろから見ていて「いいのか?」と何度も思いましたが
やっぱり泣くこともなく無事帰宅。

赤ちゃん連れのサイクリングは成功に終わりました。

育児中でも行けるかもしれません。
公園・八景島・鎌倉・・・
そして箱根・・・?(自信なし)

成長し続けるうちの赤ちゃんに
夫の体と自転車が耐えられるまで
挑戦は続く。
かもしれない?(自信なし)

ランキングに参加してみました。
これをポチッポチッと押してくれると彩様が喜びます☆
にほんブログ村 子育てブログへ

↑クリックお待ちしておりま〜す↑
banner_ra.gif
↑こっちもおねがいしまーす!↑
posted by 育児中の彩 at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

育児中でも挑戦:赤ちゃん連れサイクリング(前編)

自転車は切符代もガソリン代もかからず
細い道も太い道も走れ
荷物も乗せられ
移動手段としても適度な運動としても使える
とっても便利な乗り物です。

学生時代から自転車を利用してきた私ですが
偶然夫も自転車好きだったため
結婚してから、2人でお揃いの自転車を購入しました。
 
新婚ラブラブサイクリング。

まずは往復20キロ程度の
ちょいと素敵な公園へ、足慣らし

続いて八景島シーパラダイス(往復40キロくらい)

更には鎌倉や江ノ島(往復50キロくらい)

そして最終的には箱根(往復150キロくらい)に
一泊旅行でチャレンジしよう!
(お揃いなのはメーカーだけで私のはママチャリなのに)

夢はふくらみます。

そして
足慣らしの公園(三渓園という日本庭園)に出かけ
これなら計画通り
ガンガン距離を延ばしていけそうだど確信した3日後・・・

妊娠発覚。

出産するまでは否応なしに、
いや出産しても傷が完全に癒えるまで
サドルに座るなんてもちろん恐ろしくて、
長い間、私の新車は出番なしでした。

やがて
赤ちゃんも成長し育児にも慣れてきて
サイクリングにいい季節になってきた
5月のある日。

赤ちゃんを搾ったミルクと共に義両親に預け
夫婦で八景島へ行ってみました。

満を持してのラブラブサイクリング再開。

爽やかな風、久しぶりの運動に心地よい汗、
育児を忘れ、新婚時代に戻ったようです。

順調に1時間半程で到着し
とりあえず母に連絡を取ってみると・・・

もう赤ちゃんが大泣きしていた。

成長しミルクの間隔が延びても
今度は人見知りが始まって
ママがいないと駄目な赤ちゃんになってしまったようだ。
八景島まで来て島へ渡ることもなく、とんぼ返り。

アスリートを目指してるわけじゃないんだから
アイス食べたりイルカ見たりジェットコースター乗ったり
ちょっとは楽しんでもいいかと思ったのだけど
やはり、育児中それは許されないようである。

「赤ちゃんと一緒に行くしかない。」

育児中の私達の結論は、そう出たのだった。

(後編に続く)


ランキングに参加してみました。
これをポチッポチッと押してくれると彩様が喜びます☆
にほんブログ村 子育てブログへ

↑クリックお待ちしておりま〜す↑
banner_ra.gif
↑こっちもおねがいしまーす!↑
posted by 育児中の彩 at 13:17| Comment(4) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

育児中でも挑戦:赤ちゃん連れの日光旅行

nikkou.gif
今年のGWは、日光へドライブに行きました。
似たような観光地に近場の箱根があるおかげか
日光へ行くのは小学校の修学旅行以来。

ちょいと遠出するのに適度な距離とはいえ
なにせ赤ちゃん連れ、何が起こるかわかりません。
今回は核家族(私、夫、息子)で繰り出すため
以前の伊豆旅行のように
じいちゃんばあちゃんに赤ちゃんの世話を頼むわけにもいきません。

加えてGWとくれば渋滞。
天気も怪しく、前夜になって怖気づき
「やっぱやめない?今年のGWは家で過ごさない?」
と提案してみた私でしたが
夫のヤル気が勝り、育児中の身分でGW日光旅行は決行となりました。

通常我々、高速といえば東名を利用するため
「朝6時前に高速に乗れば半額」を利用します。
朝は9〜10時まで寝ているうちの赤ちゃんにとっては
人生初の早起き。
ここで大泣きされたら早くも中止!?と警戒していましたが
無事ねぼけまなこのまま、朝5時に出発。

ちょっと考えれば
我が家(横浜)から日光へ行くのに東名は使わないので
早朝割引なぞ存在しない上に
早朝だけ渋滞する道をわざわざ通ってしまうという
計画的なようで完全に無計画なドライブでした。

しかしそこは気合と早起きからくるハイテンションで
乗り切ります。
無理矢理早起きさせたお陰で赤ちゃんもガッツリ寝てくれ
9時には華厳の滝に到着。
渋滞を避け8時に出発しても
10時頃着けたらしいが、そこは考えまい。

あいにく天候は小雨でしたが
午後には晴れるという予報なので
涼しいし日焼けしないしいいわ、と思いましたが
濃霧の為、華厳の滝は見えないとのこと。

霧が晴れるまでここで待つのも芸がないので
竜頭の滝までお散歩する事にしました。

幸い、歩き始めてすぐに雨も止み
中禅寺湖の美しい風景を望みながら
森の散歩道を赤ちゃんを抱っこして散歩。

家族で過ごす、初めてのGW。
幸せを噛み締めます。
「来て良かったね」
「ほんっと幸せだね」

さて
華厳の滝から竜頭の滝までは
看板から推察するに片道4キロ位あるようなのですが
相変わらずの無計画、上着も何も車に置いて出発。
私の持ち物は、傘と携帯のみ。
夫は、カメラと財布のみ。(あと赤ちゃん)

歩けども歩けども
変わらない風景、近づく気配のない竜頭の滝。
GW真っ盛りの観光地にもかかわらず
誰一人すれ違う事もない散歩道(山道?)

私と夫は
どちらかが言い出すのを待っていた。

「歩いて行くの、無理なんじゃない?」

しかし、体力ないと思われるのが癪なのか
口をつくのは前向きな言葉ばかり。

「綺麗だねー、日光っていいね」
「久しぶりに歩けて楽しいね」

そして

「戻れるうちに、引き返さない?」

の言葉をどちらも言い出さぬまま
もはや戻れない地点で雨も降り出した。

「1本だけど、傘があって良かったわー」

もう前向き競争。

「体力のある夫婦でよかったね」
「この靴は滑らないから助かったよ」

雨は容赦なく体温を奪う。

「いやぁここ(腿の内側)まで鳥肌立ったの初めて」
「赤ちゃんにもいい経験だね」
「寒いからこそ良く寝てるんだね」

竜頭の滝を見て、華厳の滝まで戻ってきた時は
飢えと寒さと疲労で口もきけない状態になっていたが
3人とも風邪も引く事もなく
すべての疲れを忘れさせる程に
霧の晴れた華厳の滝は素晴らしかった。

心から大満足した私たちは
日光まで来ておいて日光東照宮にも寄らず
帰路に着きました。

今思い出しても
修行のように辛かったけども
意識が朦朧していたせいか
夢のように楽しかった日光旅行でした。

今回日記を書くついでに距離を調べてみたら
往復15キロ程ありました。
どうも時間がかかると思ったら…。

負けず嫌いの次男次女夫婦だからこそ
どこまでも突き進んだのでしょうか。
赤ちゃんが話せるようになったら
「車で行こうよ」
と冷静に言われるのでしょう。長男だから。



ランキングに参加してみました。
これをポチッポチッと押してくれると彩様が喜びます☆
にほんブログ村 子育てブログへ

↑クリックお待ちしておりま〜す↑
banner_ra.gif
↑こっちもおねがいしまーす!↑
posted by 育児中の彩 at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

育児中でも挑戦:赤ちゃん連れの初バーベキュー

先日、友人3家族合同でバーべキューしました。
わが人生、毎年恒例でバーベキューやキャンプをしてきましたが
女だけのバーベキュー・合コンバーベキュー・彼氏同伴バーベキューを経て、ついに家族バーベキューが出来るなんて・・・感慨もひとしお。

さて生後6ヶ月の赤ちゃんを連れてのバーベキュー。
一体どの辺が大変でどの辺を気をつければいいのか。
はたまた何も大変じゃないのか。

ちなみに去年妊娠中バーベキューをやった時は
立ってるのも床に座るのもキツイので「イス」が最重要アイテムでした。
妊娠中は日焼けをしやすいので、日よけも重要です。
私の場合は木陰に陣取ってたので、イス。

さて、育児中の今は体力は妊娠前に戻っているので、
「オムツ換え」「授乳」ができるスペースを確保すること。
これは今回は友人宅の庭先でやるので問題なし。
あとは授乳中なので
「ノンアルコールビール」(最重要アイテムか?)
他には何もいらない。
楽しむ気持ちがあればいい。

そして・・・結論としては、何も大変じゃなかった。
メニューは、豚の角煮・焼きそば・焼き鳥・焼きおにぎり・鮭のホイル焼き・・・なかなか豪華で美味しい物を次々と食して
実に楽しいバーベキューでした。

しかし振り返ってみれば
男性陣が火起こし、調理、後片付け
女性陣が友人宅で子守

「バーベキューした」
というより
「赤ちゃんの世話しながらバーベキュー料理を食べた」
それが正確な記述であろう。
各自よい旦那様を獲得したものです。

更に息子を抱いてモリモリ食べていたら
「なんか染みてるよ」と注意され
見ると、オムツから大変な物が漏れていて
我が子は総着替えする羽目に!!(しかも着替えは友人に借りる始末)
子守しかしてないのにこの失敗は痛い!

日記書いてて「私って母親として、いや妻としてもどうよ?」
という気分になってきました。
しかも今の今まで今回のバーベキューの反省点をあげるならば
「もっと甘いものも買っておけば良かった」
くらいだと思っていたのだ!

ま、まずい。次回はあるのだろうか。
次はもっと手伝おう。。
オムツも頻繁にチェックしよう。。

そして夫を大事にしようっと!



ランキングに参加してみました。
これをポチッポチッと押してくれると彩様が喜びます☆
にほんブログ村 子育てブログへ

↑クリックお待ちしておりま〜す↑
banner_ra.gif
↑こっちもおねがいしまーす!↑
posted by 育児中の彩 at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

育児中でも挑戦:赤ちゃん連れの初温泉旅行

家族で伊豆へ温泉旅行に行ってきました。
義両親と夫と生後5ヶ月の赤ちゃんと私、
総勢5人愛車に乗って初旅行。

高速で渋滞した時に大泣きしたら?
オムツから漏れる程のウ○チをされたら?
車に酔って吐いたりしたら?

ちょっと考えるだけで、多くの不安が付きまといます。

狭い車内(5人乗りセダン)でオムツ換えも不可能。
割れる様な大泣きに渋滞が重なったら、
我々は精神的に耐えられるのか。
チャイルドシートにウ○チやゲボがついてしまっても
旅行から帰るまで乗せ続けるしかない。

更に
あまりの環境変化に、具合が悪くなってしまったら?
興奮から夜泣きされたら?

赤ちゃん連れに案じる事はてんこ盛りである。

でもそんな事より何よりも
「育児中でも温泉行きたーい!」気分が優先してしまう私達。
海が見える宿に貸切露天風呂も予約して
うっきうきでレッツゴー!!


そしていきなり渋滞。
うちの子は動いていれば上機嫌だが
赤信号でも止まると泣いてしまう。
早くも悪夢のスタートか・・・!?
と思いきや、後部座席でじいちゃんばあちゃんが必死であやし
結局往路3時間、もたせてくれました。
核家族(3人)で行ってたら間違いなく地獄だった。
両親を旅行に誘って良かった・・・
親孝行はするものです。(両親は疲れきったが)

さて、まずはお楽しみの夕食。
舟盛りや海の幸の豪華なメニュー。
旅行先だしということで、軽くワインなぞ追加。
美味しかった。
はずなんだが、みんな食事より息子の世話をしていて
あまり記憶に残っていない。
赤ちゃんがいるとそんなものかもしれない。

そして、一番のお楽しみの温泉。
まず両親に預けて内風呂に入っていると
「大泣きしてるから戻ってきてー」と母が迎えに来てしまった。
クゥー。
人見知りが始まってしまったのか
やはり見知らぬ旅館にいるため不安なのか
なんとも短いフリータイムであった。

でもまだ温泉はある。
そう、貸切露天風呂!!
家族3人で夜景を見ながら入るのだ。
ママが一緒なら大丈夫さ!

ところが
風が吹きすさぶ野外に裸、この状況が赤子には酷だったらしく
入る前から泣いている。
「寒いね〜お風呂入ろうね〜」
と温泉に入れば、号泣。
・・・熱かったらしい。

というわけで、露天風呂は1分で撤退。
かわいそうな事をしてしまった。

しかし散々な目に遭って疲れたのか、夜はグッスリ寝てくれ
私も温泉が効いたのかグッスリ眠って疲れもとれ、スッキリ!

翌日も美味しく朝食をいただき、
ぐるりと観光してから帰路につき
帰りも渋滞にひっかかって3時間(後部座席でがんばる両親)
無事に帰ってまいりました。

以前なら
ご飯も温泉も満喫できない旅行なんて・・・とブーたれそうだが
なぜか大満足しているのです。
しっかり食べてしっかり温泉に入って
車も比較的スムーズだったという記憶となっている。

「赤ちゃん連れだからこんなもんかー」と諦めているというより
このせわしなさ、慌ただしさの中での温泉旅行が
なんだか幸せだなぁ〜と思えてしまうのです。
楽しんで無事帰ってこられた幸せを噛み締めてしまうのです。

私も親になったという事なのかなぁ。
なんて、しみじみ。



ランキングに参加してみました。
これをポチッポチッと押してくれると彩様が喜びます☆
にほんブログ村 子育てブログへ

↑クリックお待ちしておりま〜す↑
banner_ra.gif
↑こっちもおねがいしまーす!↑
posted by 育児中の彩 at 00:44| Comment(2) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。